ヒマなら読んでくれんけ?
更新したくなったら更新するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本代表 イラン戦 負け・・・

number529.jpg
中田英寿が代表復帰し、三都主、田中が出場停止、鈴木、藤田をケガで欠く。「3-5-2」から「4-4-2」に変更し、不安な選手たちのコメントが毎日伝えられ、試合を迎えたイラン戦。結果は2-1での負け。これは予想できたことなのでしょうか・・・。
■試合詳細■選手コメント■監督コメント

続きます。


FWの不調
見た人の感想はさまざまだと思いますが、これは誰もが感じたことだと思います。不調と言っていいのか疑問を感じるほど、FWが悪かったです。ポストにもなれず、キープもできす、1対1で負けることを繰り返していました。特に目立っていたのは高原ですね。


中田の復帰
中田は良かったと思います。加地との連携も良く、いい場面を作っていました。積極的に前からプレスをかけていましたし、中田個人のデキとしては悪くはなかった。「4-4-2」の長所として中田、中村の2人の攻撃的な選手を使えるというのがあると思いますが、その中村との絡みは少なかったでしょう。


よく走っていた加地
右サイドからの攻撃が目立った今回の試合。そういう指示だったのかはわかりませんが、加地が何度も右サイドを駆け上がって行ったのが印象的です。中田との連携も良かったと思います。もう少し精度の高いクロスを期待したいですけど。がんばっていた加地くん。ただ、決勝点は加地のミスでしょう。中澤が外に釣られ、中にいたのは加地。中澤と比べて競り合いの弱いことはわかっていますが、あのときの加地は何もしていなかった。ボールを見ていただけです。その結果、イランの選手がフリーとなってしまいました。せめて、いくら競り合いに強くなくても、しっかり相手を見ていれば防げたかもしれません。


消えていた中村俊輔
守備の場面では目立っていました。(ただ左から攻められていただけかも・・)ディフェンスを重視していたようですが、ディフェンスをさせる選手ではないと思いますけど・・。前にでることで生きる選手のはずです。ただ、ボールを持っても、出すところがなかったようにも感じました。守備面でも攻撃面でも三浦淳の影響が・・・。


連携がとれていなかったと言う選手たち
一番違和感を感じるのは、選手たちが口々に「連携がとれていなかった」「動き方がわからなかった」と話していることです。「3-5-2」から「4-4-2」にシステムを代え、中田が加わり、欧州組の合流が遅れ、練習期間も短かったということもありますが、そんなことは試合前からわかっていたことではないのか。ただ代表というのは、そういった練習の制限がある中で試合をしていくものではないのかと思います。だから、選手たちがそういうことばかりを言うのは残念です。試合の前から負けていたんではないでしょうか・・。

悪いのはジーコなのでしょうか・・。監督を代えないのなら誰か戦術でサポートできる人物をチームに加えたりするべきではないか・・。


まぁ、感想はこんなトコですかね。

とりあえず「闘志なき物は去れ!」と小笠原に言いたい。

■人気ブログランキング
スポンサーサイト

  1. 2005/03/26(土) 18:46:21|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:9|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsuyomaru.blog3.fc2.com/tb.php/38-b941f0bb

W杯 日本対イラン 敗戦 ストックとフローを考える

ジョナサン政宗です。[感想]誰がどうこうと言うよりも自分たちのサッカーをするにはこれまでの積み重ねの差が出ていた。ジーコは何をすべきかわかっていたと思う。ただ、その準備がもう少し必要だと考える。今回は4バックで正解だと考える。サッカーの試合ではなく、戦争
  1. 2005/03/27(日) 10:01:54 |
  2. 我思う故に我あり

日本代表負けた・・・

負けた・・・。最終予選はそうあまくはないやねいろいろ見解が分かれる試合になったと思う4-4-2のシステムの時の日本のサイドバックは弱いよな~特に加地は折角ヒデを追い越してるのにアーリー(ダイレクト)センタリングをあげない、一回止めてあげても精度が...
  1. 2005/03/27(日) 15:03:19 |
  2. おかぴーのだいあり

ジーコJAPAN惨敗。敗因を分析しようにもまるで…

敵地テヘランで望んだイラン戦でジーコJAPANは惨敗した。 システムは4-4-2。メンバーは海外組中心。三都主、鈴木隆行、遠藤、アジアカップからの「不屈」のジーコJAPANを支えてきたメンバーを欠き大幅にチームを改造して望んだ一戦だった。 結果と
  1. 2005/03/28(月) 00:52:52 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

日本は大人になったのか?バーレーン戦が真価の見せ所。

ワールドカップ最終予選イラン戦の惨敗を見て8年前の予選を思い出した。 ちょうどあのときも予選の最大のヤマ場、と考えて望んだ国立競技場での韓国戦で見事に敗れた。 雨の国立競技場でサポーターが泣き、テレビの前でみな呆然とした。 そ
  1. 2005/03/28(月) 00:53:35 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

ジーコの交代の真意は・・・

 システムは4-2-3-1とされていたイランだったが、さらに攻撃的な布陣(4-1-3-2)で戦いに挑んできた。 試合後に宮本が『2トップでくることも予想の範囲内だった』と語ったように、日本は混乱することもなく、ダエイには宮本、中澤がハシェミアンにマークに付き、左サイド
  1. 2005/03/28(月) 01:20:58 |
  2. サッカーで大切なこと

バーレーン戦先発発表…。ジーコ男らしい。

イラン戦での惨敗から2日、早くも日本代表は勝負のバーレーン戦にむけ先発メンバーを発表した。 ジーコ監督の発表した先発は以下のとおり。GK:楢崎正剛DF:田中誠、宮本恒靖、中澤佑二MF:福西崇史、中田英寿、加地亮、三都主アレサンドロ、中村俊輔FW:
  1. 2005/03/28(月) 03:36:37 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

死闘!日本対バーレーン戦 ジーコ勝利の雄たけび。

いよいよ明日に迫った運命のバーレーン戦。イランは北朝鮮を破ると仮定すると、この試合で日本がもし敗れれば、グループ1位、2位と勝点で4差となる。残り3試合での4差は絶望的。いみじくも「絶対に負けられない戦い」となってしまった形だ。その決戦を前に21世紀
  1. 2005/03/29(火) 03:58:37 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

若くて痛快なバーレーン代表に「アジアの壁」を見せよう。

いよいよ今日3月30日、日本代表はワールドカップアジア最終予選、試練のバーレーン戦を迎える。 アテネ五輪アジア最終予選ではU-23日本代表はU-23バーレーン代表に1分1敗とやりこめられた。アジアカップ2004ではフル代表同士の戦いで後半ロスタイムまでリー
  1. 2005/03/30(水) 02:28:39 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム

中澤「神の手」! 日本幸運な勝利! バーレーン撃破!レポ

運命の3月30日、日本はホームに迎えたバーレーンを見事撃破!ワールドカップアジア最終予選3試合を2勝1敗とし、目標のグループ2位以内に一歩近づきました。 試合開始前のスタンドの様子。フモフモ編集長のテンションも上がりまくりです。 スタジア
  1. 2005/03/31(木) 00:36:59 |
  2. スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。