ヒマなら読んでくれんけ?
更新したくなったら更新するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブログとは?

先日、あまりにもヒマすぎて

村上龍さんの「すべての男は消耗品であるvol.5」

を読み返していました。その中に少し気になる話がありました。日記のホームページについて書かれていて、僕も最近ブログをはじめたということで、興味深いものでした。

ここからは引用です。

自分の情報、それは言うまでもなく自分自身だ。その人の全情報と処理の仕方がその人なのだ。つまり、日記をインターネット上で公開する人は、自分に何らかの価値があると思っているわけで、これほど気持ちの悪いことは他にあまりない。タダだからいいじゃないか、とみんな思っているのかも知れない。タダということは、批評性が存在しないということだ。面白くなくても誰も文句を言わない。

ということが書かれていました。。(ただ、この文章は数年前のもので今とは違う部分もあると思いますけど)

僕もブログでいろいろ書いているので、いろいろ考えさせられます。まあ、日記とは違うものだと思っていますけど。

何で僕はブログをやっているんのでしょうかね・・?
(「ブログをやる」って言葉は何か使い方おかしいな・・)
トラックバックやコメントなどがあると意味もなくテンションも上がり、嬉しいものだということは言えますが。

あなたは、なぜブログをやっているのですか?

...read more
スポンサーサイト

  1. 2005/02/08(火) 21:19:40|
  2. 読書感想文|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Number コスモバルクと五十嵐冬樹 「夢の途中」の感想文

Number 619号の『コスモバルクと五十嵐冬樹「夢の途中」』を読みました。競馬というあまり知らないジャンルの話だったので、そのページは飛ばしてました。

今日まで競馬を舐めてました!すいませんでした!

競馬無知の僕でさえ知っているコスモバルク。ただ知っていることは「ホッカイドウ競馬所属」ということのみです。

特に、興味深いのは騎手交代の話。ジャパンカップの時に騎手が五十嵐騎手からルメール騎手に代わったそうです。その交代を知った多くの地元ファンが「ひいた」ということです。

「こっちでは、かなりひいたなあ」という言葉が書かれていました。

地方の馬に、地方の騎手が乗り、中央の馬と勝負する。さまざまなハンデを背負って中央で勝負するからこそ、魅力があるのだなと感じました。

勝つことを最優先したならば、移籍という方法があるそうです。
しかし、それをしたら魅力が薄れてしまうのでしょうね。

なんとなく天皇杯のザスパ草津を思い出しました。これこそ、今のスポーツ界の流れの中心なのではないか。
地方と中央というまったく逆の立場。
僕はどうしても地方を応援せずにはいられません。

http://number.goo.ne.jp/others/619/20050120-f1-1.html
こちらのページにはさわりの部分しか書かれていないのが残念です。

あと、これは追記です。僕の考えのモヤモヤした部分があったんですが、それは「魅力があるのはわかるが、それをどうして魅力的だと思うのか?」という疑問がありました。その答えの1つのような記事を徘徊中に読みました。http://blog3.fc2.com/heu/blog-entry-4.html
トラックバックなるものを使ってみました


  1. 2005/01/26(水) 16:15:02|
  2. 読書感想文|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。